トガル株式会社

代表 小嶋 豊

座右の銘:未来が過去をつくる

インターネット附随サービス業専門サービス業広告業

コミュニケーションの最適解に導くコミュニケーションデザインチームへ

Webというツールで広告で迷う人をなくしていきたい

私の実家は喫茶店を営んでいました。喫茶店はやはり集客がキモとなります。
両親が集客に試行錯誤している姿もよく目にしていました。

それがきっかけで集客の方法に興味を持ち結果的に広告業界・広告代理店へ就職をしました。

当時の広告業界はテレビや新聞などといった4マスメディアが中心でした。
しかし、情報社会となりWebという媒体が出現したことで、広告業界には大きな変化が訪れました。

「Webを中心広告をにしていけば、集客に困っている個人や企業を助けることができるかもしれない!」
そう考え、Webを中心に日々お客様への提案を行い、ノウハウを溜め込みました。

そして2015年に、『トガル株式会社』を起業しました。
従来の広告手段に限らず、
これからの情報化社会を見込んでデジタルとリアルメディアを柔軟に使うことにしました。

コンセプトは「広告で迷う人をなくす」

トガル独自のデジタルとリアルメディアを交えた柔軟な広告方法で、

「費用対効果を出して、クライアントが満足をしてくれるものを創りたい」

そして広告で迷っている人をゼロにしたいと考えます。

インターネットの普及に伴い、ブログやSNSなどで情報発信をすることが身近なものになっています。
しかしそれと同時に、コミュニケーション方法は複雑化したと思っています。
その中で、「クリエイティブ」「メディア設計」「Web広告運営」の3本柱に特化し、
最適なコミュニケーション方法を実行していければもっと可能性が広がるのではないかと思っています。

クリエイティブとコミュニケーション2つをディレクトしていきたい

トガル株式会社は
『クリエイティブとテクノロジーを組み合わせ、
自由で最適なコミュニケーションをデザインすること』を重要視しています。
発想だけに留めるのではなく最終的に『反響』という結果・事実を残すことにこだわっています。

専門的特化を目指して「クリエイティブ」「メディア設計」「Web広告運営」は、
企画から運営、改善、支援までをPDCAサイクルとして繰り返し行っています。

 

 

 

何をどのように伝えるのか、まずは企画段階から考えます。
Webや映像、グラフィックといったクリエイティブな表現方法を見つけ、その後はWeb広告、
看板やチラシといったリアル広告、SNS広告など、広告手段にも決して偏りは見せず、最良のものを提案します。
そのために上級Web解析士の資格も取得し、Web制作・運営から、
その支援やサポートまでをしっかりと行えるスキルも整えました。

 

またこれからの広告は国内だけのもとではなく、『海外』も見据えなくてはならないと思っています。
「海外展開支援」として、多言語のWebサイトやツールの制作。
「地方創生」として、商品制作や観光促進の支援、デジタルを活用したコミュニケーションツールの制作。
企業や商品の「ブランディング」として、ロゴマークの制作や会社案内、商品ネーミング、
パッケージデザイン、店舗デザイン。

私を含めた4名のスペシャリストで、様々な企画や媒体をクリエイティブに創り出そうと日々取り組んでいます。

また、『武将愛 SAMURAI HEART』というサイトも運営しており、
こちらでは三英傑(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康)や加藤清正に関する情報を発信しています。
地元の魅力を世の中に広めていきたい。Webにおける強みを、歴史に強い名古屋で反映ができるサイトです。魅力ある愛知を発信していくので応援してください。

武将愛

http://busho-heart.jp/

クリエイティブなチカラは、新しいものを生み出していく

『トガル株式会社』は、様々な手法で広告の企画や運営を行っていく。
一番の強みであるWebは小嶋豊氏が見据えていた通り
情報化社会と言われている昨今には欠かせない媒体となってきたのだ。

4マスメディアが一般的だった頃から常に広告というものに向き合ったことで、
『コミュニケーション・デザイン』という新しいジャンルに挑戦した小嶋豊氏。

「共感を得るために、思いを込めて」

常にクライアントに寄り添う気持ちを抱き、
一つひとつのツールを具現化していくために思いを込めるが小嶋豊のこだわりだ。

チラシなどのリアルメディアならば集客数、
ホームページなどデジタルメディアならばアクセス数が、
広告の方法一つでそれぞれ大幅に変わってくる。

クライアントにとって、広告としてどのような表現方法が良いのか、
どのようなツールにすべきなのかを一緒に考えながら、
様々な発想をしていくプロが集うのが『トガル株式会社』なのだ。

広告代理店で培ってきたスキルを存分に生かし、時にクリエイター、
時にコンサルタントなど、小嶋は幅広い顔を持っている。外部からの仕事ではなく、
アライアンスパートナーとして広告企画から制作、運営、支援が行えるのはとても心強いことだ。

『トガル株式会社』を設立して今年で2年が経過する。
クライアントに対してしっかりと結果を出すために、様々な頭脳を組み合わせ
トガルは今日もコミュニケーションデザインチームのパイオニアとなるために粉骨砕身していく。

インタビュー:川内 雅樹
作成日:2017年09月21日

フリーワード検索

小嶋 豊

トガル株式会社

プロフィール:広告代理店勤務のちトガル株式会社を創業。 Web・グラフィック・映像を含めたトータルクリエイティブとWeb広告運営・リアル広告のプロモーションを組み合わせたコミュニケーションデザインを得意とする。 上級Web解析士/コミュニケーションディレクター/クリエイティブディレクター

インターネット附随サービス業専門サービス業広告業

私の求めるもの:能力的に尖った人材→「Webおたく」、「クリエイティブの塊みたいな人」、「広告の好きな人」
企業家図鑑掲載のお申込みはこちら